カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★YUKI★

★YUKI★
大阪市在住。
嫁に行くことなくいつの間にか
三十路をとっくに過ぎてた(苦笑)
元々はBAND系しか眼中に無かった。
気づけば、いい歳してジャニってました(笑)
でもやっぱりバンドが好き。
BUCK-TICKが心の支え(笑)

   →もっと知りたい??

Blogpet

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

MAIL

お気軽にメール下さい☆

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

カウンター

スポンサーサイト 

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP/MAIL:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

渋谷すばるwith大倉BAND 29日1部 

2006/09/08(Fri)
今更ですが、渋谷すばるwith大倉BAND 29日1部のレポです(笑)
ほんま今更。いろいろ書き留めてはあったんだけど、それを文章にするのがなかなか遅くてねぇ~(苦笑)やっとです。
思い出しながら、良かったなぁ~としみじみしたり。

初回公演とあって、ちょっと掴みきれてないなーっと感じる部分はあったけど、それも初回の醍醐味で。
でも次の日見たのは、ちゃんと固まったものになってました♪
そして、すばるが何度も何度も「有難うございます」って言ってたのが印象的でした。

一番驚いたのが、すばるの声がもっていたこと。
1ヶ月舞台終わりで2日間で計5公演のライブ。
のどがダメになってるだろうと思ったら、2日目も枯れることなくしっかりとした歌声でした。
かなりのどを鍛えたんでしょうね、あそこまで叫んで歌い続けて状態が保てているというのは。
疲れてる様子もなくずっとパワフルやった。
この調子やったら、あの過酷なスケのツアーも乗り切れるでしょうね。
ちょっと安心しました。
来年はもっともっと成長したすばるのソロコンを見てみたいもんです。
来年じゃなくても再来年でも良いから、実現させて欲しい。
すばるの世界を思いっきり表現できる空間を待ってます。

ではレポはココ↓ ダラダラと長いです(苦笑)*
FIVEの演奏でスクリーンに「SUBARU SHIBUTANI」の文字。
拡声器を肩からさげ、すばるが登場。拡声器を通して叫ぶ。
衣装はイギリス国旗柄のTシャツ。真ん中にネクタイをかたどった?赤のスパンコール付き。そして赤のボンテージパンツ。
アイドル衣装じゃなくて何か嬉しかった。てか、拡声器にやけに反応してしまった(爆)
「bluse master kill」らしいです(笑)スマップのアルバム曲。
自分が居た席によるのかもしれないけど、FIVEの演奏音が大きくて歌がはっきり聞き取れなかった。
終わりから2曲目にかけ、客とのコール&レスポンス。
「弱い僕だから」忌野清志郎が提供したSMAP曲。
終盤に音無しで「お前らが居なければー」って叫ぶところで鳥肌たった(笑)
「FIGHT MAN」ドリボで歌ってた曲やねぇ~。
もうノリが良くって完全なバンドの感覚になってます。ライブハウスのようなノリ。それに対応できない客も多数ですけどー(苦笑)
「SHELTER」らしい。
すごい聞いたことあるような気がするんですけどー。何で聞いたんでしょうか、私は(苦笑)めっちゃ好きです。
拳を上げ飛び跳ねるすばるが可愛かった。
この4曲ですばる空間は一旦終わり。
すばるが作り出した空間がすごい気持ちよかった。
完全なライブ空間。うちわやペンライトが全く似合わない、拳を振り上げたくなる空間。個人的には本来こっちの人間なんで、凄い楽しめた。

そして静かな曲が流れ、、、忠義登場。
会場がいっきに黄色い完成の嵐。あまりの嵐っぷりにビビッてしまった(笑)
さっきのライブ空間とは真逆のアイドル空間。客もこっちを求めてるんだなーと(苦笑)
「Butterfly I Loved」
アイドル的に歌いあげてます(笑)
「Carnival」
ちょっと音程が不安定で声が出きれてなかったのは気のせいでしょうか。。。
「ドラムソロ」センターの階段が左右に離れ、中からドラムが登場。
ドラムソロの途中ですばるも出てくる。でも暗いので姿があまり分からないけど、忠義の方を見ながらリズムとってました。
「ONE」ドラムは忠義。
待ってました、この曲を。私の中では何故か「すばる=ONE」となってるもんで(笑)やっぱ良い曲です。ギターを弾きながら歌うすばるが好き。
「旅人」すばるはギターのまま。忠義はセンターで歌う(笑)バンドverのこの曲も良いよねぇ。
「∞SAKAおばちゃんROCK」倍速バージョン(笑)
曲入りのセリフは忠義が「やいやいやいやい言いなー。ここはライブ会場やからもっと盛り上がれー」と。スクリーンにはPV。Jrはステージでいつもの振り。2人は左右に分かれて移動。曲間の掛け声は「ただよし~」「すばる~」でした。
「Do you agree?」めっちゃ好きなんです、この曲。やってくれて嬉しい。すばるがめちゃめちゃ客を煽って叫びまくってた。∞コン以上に(笑)
ここで自己紹介(笑)2人が一言づつ喋ってFIVEへ。
FIVEの曲。(曲名知りません/笑)
FIVEは演奏は素晴らしいと思うんです。ものすごく。でもね、個人的にちょっと(苦笑)歌が私に合わないんで(爆)
<Mステコーナー>
Mステのテーマ曲が流れ(FIVEの演奏)
カツラを被りサングラスをかけた忠義登場。
タモリの真似をしながら「タモリでーす・・・タチョリでーす」「1組目B'z」「2組目、渋谷すばるwithジャニーズJr」と紹介され、すばる登場。赤の光沢地のシャツに白のパンツ。めっちゃハイウエストで履いてます(笑)
渋「そのズラおかしいんですけど。タモリじゃなくて筑紫哲也ですよ」
倉「今回の曲はどう?」
渋「今回は最新のクラブミュージックを取り入れて」
「I Believe in myself」
昔6~7年前かな?Mステにすばるが出てこの曲を歌ってた時の映像をバックで流しながら、ステージでJrと一緒にパラパラを踊りながら歌うすばる。めっちゃパラパラが笑えました。小力のようなパラパラで(笑)
歌い終わって速攻でサイドに設置されてる白スクリーンの囲いに入るすばる。ステージ上で生着替え(笑)ライトが照らされ、影で見えてます(爆)
タモ忠義がしゃべり出そうとすると
すばるが囲いからちょっと顔を出して「タモリっ、タモリっ!!着替えが間に合わない!」
忠「生放送ですから」
渋「わかるけど、体一つやから。」と言ってTシャツにパンツ(下着)姿でチラっと登場。ネタですね(笑)
また隠れて「ゆっくり喋れよ!」とすばる。
間をつなぐ忠義。客席に向かって「明日も来てくれるかな?」と。着替えながら「違う!番組違う!タモリ一緒やけど」と突っ込むすばる。
面白すぎですよ。
そして続いての曲は「サヨナラ」また昔のVTRを流しながら。昔のすばる可愛すぎ~。昔のVTRには今の嵐メンとかも映ってたなー。すばるのバックで踊ってた。亮も居たっけ?
すばるが歌ってる最中、忠義はもう1つの囲いに入って椅子に座ってる姿が影で映し出されてるのが笑えた。
歌い終わってまたすぐ囲いの中に入り、カツラをかぶって登場。
渋「どうも~スモニです」会場の反応に「厳しいなぁ。読み間違えたぁ~。もっとウケると思ったのにぃ」とめっちゃ悔しがってました(笑)
渋「俺ばっかりじゃないですか。タモリっていうか、大倉よぉ。」
倉「ソロ曲ないし」
渋「無かったらアカペラで歌えば良いし」
えっ!?という顔でキョトンとする忠義に対し、有無を言わさず「それでは歌って頂きましょう。大倉忠義で"恋に破れて2006"」
戸惑いながらも前へ出てきて手でリズムをとりながら
♪シュビドゥバ、シュビドゥバ~ 君に逢ったあの夏~♪
かなり困ったところでFIVEがMステのシメのフレーズを演奏。
渋「FIVEに気つかわすなよ! ではもう1曲」
倉「もう嫌!!!」と嫌がる忠義を完全無視のすばる。
渋「大倉忠義が歌います"生センマイ"」めちゃめちゃなお題ですよ(笑)
かなーり困ってなかなか歌い始められない忠義。
♪グラサン・・・グラサン・・・♪ 早々にシメられる。
渋「生センマイでグラサン出てくるのおかしいやん!」
続いて∞の映像コメント。内容は割愛します(爆)あんま内容ないし(笑)それに何言ってるか全く聞き取れなかったし。あ、でも2日目からはちゃんとテロップで言ってることが表示されてました(笑)
映像終わりで帽子にスーツ姿の忠義が登場。
「モナコブルー」
ダンスが綺麗でしたー。なんか光一を連想させてしまったのは私だけかしら?(笑)
「愛してる、愛してない」続いてすばる。
めっちゃ聞きたかったから嬉しい!2つあるスクリーンに昔のすばると今のすばるが映し出されてた。昔の映像の方ではヨコ・ヒナも居ましたねー(笑)ラップ部分もカッコ良かった。
続いてはジュニアメドレー。
BADBOYSが居てくれてて嬉しいよぉ!!とめっちゃテンション上がってしまった(笑)桐山が歌う「あふれる想い」が好きなのよぉー。でも中間が居ない(涙)
「STANCE」
2人が1階席中央の通路にトロッコで左右から登場。残念ながら2階席後ろだった為、影も形も見えません(苦笑)スクリーンあったから良かったけど。トロッコからサインボールを投げてたみたいです。
「Knockin' Trackin'」
この曲も好きなのさー♪これもトロッコやから見えなかったけど(涙)
続いてMC。
渋「さぁどうしよ、何しゃべろ?」
倉「ね?」
渋「さ、MCです。こんにちは」
倉「(すばるが水を飲んでるのを見て)俺もお茶欲しいぃぃ~」
渋「えー今回は渋谷すばるwith大倉BANDというよく分からないネーミングで(笑)まぁレッテルは関係なく、音楽を楽しんでいこうじゃないか、ということで。リハーサルの時間も無かったですけど。」
倉「一昨日まで舞台やってたしね」
ここでお茶が登場し、飲むのに集中する忠義。
渋「自由でしょ?O型同士であえへんねん(笑)」
倉「嬉しいですよね!」
渋「ほんまに嬉しいですわ。お客さん来てくれんのかなぁ~って正直不安やって。感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。さぁ~どうしよ。お前も喋れや」
~割愛~(グダグダなんで/笑)
Mステの話になり
倉「なんであれパラパラにしたんですか?」
渋「(笑)Mステの再現的なことはやろうと思ってたんですけど。昔自分が歌ってた音とか聞きなおしてたんやけど、I Believe in myselfは音が古いねん!これを今マジにやったところで、古臭い感じで中途半場に寒くなるぐらいやったら笑わしてしまおうと」
倉「振り付けの人に言われたんですよ。パラパラするみたいやから、面白くしてあげてって。でもね、僕、面白いことでけへんもん。」
渋「いやいや、できる。面白いのん得意やん!だって僕、あんなアカペラとかで歌えないですもん(笑)」
倉「だってあれはサングラスしてカツラ被ってるからできることであって」
渋「そしたらカツラとサングラスしたらええやん!!僕、あんなシュビデュバー言えないですもん。あれホンマに即興でしたからねぇ」
倉「(すばるに向かって)やりますか?」
渋「おっ!(大倉が)やるって!!自分から言いよった!」
倉「ちがうっ!!」
渋「僕こういうタイトルはなんぼでも出ますから」
倉「僕タイトルいいますから」
渋「タイトルやったら絶対負けへん!生センマイなんてお前出ーへんやんか!そのへんは役割があんねん」
その後、会場のやってコールも冷たくあしらい、この話は終了(笑)
間がもたなくなったんで、
渋「じゃぁちょっと紹介しましょうか?大阪から一緒に来たBADBOYS」
手ぶらで出てくるBADBOYS。
渋「お前らマイクなしでMCするんかっ!持ってこいよーあるやろ!!」
慌ててマイクを取りに戻るBADBOYSたち(笑)
ここからBADBOYSメンの自己紹介。
濱ちゃん話に助けられてたけど、すば倉もうまく話を振ることができず。BADBOYSに向かって「何か喋ることある?」って話を振ったり(笑)
そんな感じでグダグダのままMCは終了(笑)

「∞SAKAおばちゃんROCK~ブルースVer~」
これはめちゃめちゃ感動しましたよ。
あのおばロクがこんなにカッコ良くなるもんかと。すばるの歌声って凄いなぁ~って思った。
倉がしっとり?「ひあし飴よばれよ」とか言うのも可愛かった。
「Eden~アコースティックVer~」
もともと綺麗な曲やけど、アコースティックになると更に良いって感じ。
完全に聞き惚れてしまった。

続いてFIVE曲3曲やっけ?

続いて関ジャニ∞コメント映像
相変わらず何を言ってるか分かりません(笑)
∞メドレーです、って曲振りしてた。
「浪花いろは節」(忠義→太鼓)
ヨイトコサッサの部分がFIVEだったのが、ちょっと不満(笑)だって綺麗に揃ってなかったんだもーん。
「大阪レイニーブルース」
スクリーンの片方にSpritsのDVDの映像が流れてましたー。
やっぱこの曲は良いねぇ~。あの振りが好き。
「好きやねん、大阪」
間奏のコントの部分は関ジュの子達の自己紹介でした。
マーチングドラムソロ(忠義)
「Act show」(忠義)
この曲は聞いたこと無かったー。
テンポの良い曲やなぁ~と。
「サムライブルース」(忠義)
∞曲なのか忠義のソロなのか、よく分からないですが(笑)
でもメロディが良いですねぇ~これは。
「Greedy」(すばる)
ちょっとブルースチックな曲。
これめっちゃ好きです!! クリパは行けなかったんで聞けなかったけど、ラジオで流してくれたんでめっちゃ覚えてました。
これこそ聞き惚れた!! 金の紙吹雪がすごくマッチしてて綺麗やった。
ドラムセッション(忠義&Five)
途中からすばるもステージに登場し、ノリノリやった。ライトはあたってないけどね(笑)
「DIVE」
これをやられちゃ盛り上がるしかないでしょう(笑)
実際跳びはしませんでしたが、気持ち的にはかなり跳ねてましたよ。
盛り上がるにはこの曲やね。agreeと。
「口笛のむこう」
これまた盛り上がれる曲。これも好きやねー(笑)
なんか∞曲って良い曲多いね(爆)
「Heavenly Psycho」
前奏のところですばるが「今日は本当に有難う」って何度も行ってました。
先ほどの2曲からは一転、しっとりと。
∞メンはみんな何気にこの曲気に入ってるよね(笑)

歌い終わって何度も何度も「有難う」と言い、退場。

~アンコール~
「∞SAKAおばちゃんROCK」
またもや倍速バージョンです(笑)
2人は動き回ってるんでいつもの振りはしてないけど、jrの子たちは踊ってるんで倍速になって大変そう(笑)
2人はサイン色紙を投げまわってましたー。

締めの挨拶。
渋「ほんとに、ほんとに有難う。またこういうライブをやりたいと思います。1回目ができたということは2回目できないことはないと思うんで、皆さんの応援があればできると思います。これからも宜しくお願いします。」
「大阪ロマネスク」
やっぱりシメはこの曲に限ります。やってくれて嬉しかった。
2人とも感極まった感じ。倉は下を向いたり、天を仰いだり。
2人はいつもの振りはせずに歌うのに集中してる感じ。
いつもの部分で合唱。ホンマ泣けてきます、この曲は。
でも倉、最後の最後に歌入り部分間違わんかった?(笑)

最後の最後まですば倉は「有難う」って何度も言い、頭を下げてました。
最後は幕が下りて終了。なんかこの終わり方って切ないね。感動やけど。


今度はソロコンという形で会えるのを楽しみにしてます☆
ぜひ自分の世界を作り上げて頑張って欲しい。

関ジャニ∞ | コメント(0)トラックバック(0)Top↑

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP/MAIL:

PASS:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

   Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。